You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコのこころ

先日カフェであったこと

ほぼ満席状態だったので
当然いろんなワンコがいて
そして当然近くの席のワンコ同士ご挨拶しあったり

そんな中で
あるワンコが何度も近づいてきていたワンコの鼻辺りをパクしてしまい
された方の家族の一人が「あ、かんだ」年配の男性
その男性の高圧的な態度から、見ていた私もとても嫌な予感がして
予感通り、そのワンコがその男性のズボンも噛み付きひっぱってしまう
「なんだよ!」
「ちゃんと躾をしてからつれてこい!」と捨てゼリフをはき出て行った。

「っていうか、お前が二度と来るな!」と喉まで出たかったのを必死で堪えた私。
行き着けのカフェだけに、事を大きくしてママさんやマスターを困らせてしまってはいけないし。
何より私の店でもないし。。。
それでも腹立たしさは当分治まらず、一言言ってやりたい衝動にかられて仕方なかった。

ワンコにも言い分はあるし
ワンコには言い訳はできない

必ずしも
やってしまった方が悪いとも限らないし
必ずしも
やられた方も悪いとも言い切れない

悪いのだとすれば
それぞれの飼い主で
それぞれの注意不足

けれど今回は
始終見ていた私達は
やられた方に大分原因はあると思う

いずれにせよ
犬同士の問題なのに一方的に罵声を発し
カフェ内の雰囲気を悪くし去っていくのは
大人のする事ではない


後になってカフェのママさんに聞いたこと
パクっとしてしまった仔は
迷い犬だったそう
それを保護して飼っておられるとの事
その日
カフェに来る前にもジョギングしていた人の足に
パクッとしてしまったそうで
こんな事なかったのにと悩んでしまって帰られて行ったそう

利口な犬種というのもあって
むやみにそんな事をしたとは思い難い



私が見たのは
パクッとしても実際は噛んでいなかったし
おっさんの足を噛むこともできたのに足ではなくズボンをひっぱっていた


カフェ内でそんな事が起こる数十分前
楽しそうにおやつをあげながらハイタッチしたりマテさせたりしていて
それを見ていた私達に
「これだけはできるの、後は何もできないんだけどね」と
うれしそうに話していた飼い主さん年配の女性
そんな事が起こってしまって
とても居心地悪そうにしていたのに
どうして寄って行って何も言ってあげれなかったんだろうって
帰宅後ずっと考えてしまった
その時はそのおっさんに対する怒りでいっぱいいっぱいだった私
大人げないのは
私もそのおっさんも大差ないのだろうな

あの飼い主さんが
せっかく楽しんでいたカフェ遊びをやめてしまわないか
迷い犬を保護した事を後悔してしまわないか
あの仔を手放してしまわないか

そんな事ばかり案じてしまって仕方がない

何より
あのおっさんのズボンを何か言いたげに必死でひっぱっていた
あのワンコの姿がずっとずっと頭から離れない



スポンサーサイト
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。